新着情報  CHIGUSA Records News Release


「第7回ちぐさ賞」公募延期についてのお知らせ

 若いジャズ・プレーヤーを発掘・表彰し、受賞者にはアナログレコードとCDを製作・発売する機会を提供してきた「ちぐさ賞」(主催・ジャズ喫茶ちぐさ、プロデュース・ちぐさレコード)は、すでに優秀な6人の新人を輩出し、日本のジャズシーンからも高い評価を頂いてまいりました。

 

 第7回の公募を進めるにあたり、ちぐさ賞事務局では現在、事業体制の見直しを進めています。横浜・首都圏に限らず、全国の若いジャズ・プレーヤーが参加しやすい仕組み、協力団体や協賛者によるサポート体制の充実、運営に当たる協力スタッフの募集などです。

 

 新たなちぐさ賞の実施要項が固まり次第、スタートを切る予定ですので、発表(時期未定)までしばらくお待ちくださいますようお願いします。

 

ちぐさ賞事務局


第6回ちぐさ賞「宮脇惇」CD/LP発売中!

 

昨年のちぐさ賞でグランプリに輝いた宮脇惇(cl)のデビューアルバム「SCENERY」が、6月13日に発売されました。
パーソネルの宮脇 惇/cl、海堀 弘太/p、長谷川 慧人/b、大江 航平/dsに加え、ゲストに浅葉 裕文/g、武田 将/vibを迎えた、いま勢いがあり注目されている、若いメンバーで新しいスタイルのスタンダードジャズに挑んだ意欲作です。

 

 

オンライン購入は「通信販売」ページより、その他の購入希望の方は下記を明記の上、jazzchigusa@gmail.comまでご連絡ください。
・お名前・商品名(CD/LP)・購入枚数・配送先・電話番号・メールアドレス
*なお代金引換の場合は、送料、代引き手数料として別途390円かかります。(現金書留の場合は533円)
*お支払い方法、振込先等は、受付後に返信させていただきます。

 


Akira Wada Live at Chigusa

ジャズ喫茶ちぐさで第4回ちぐさ賞グランプリの和田明がライブ!
日時:4月10日(水)19:30開演

会場:横浜野毛ジャズ喫茶ちぐさ
料金:¥2,500円(+1ドリンク500円オーダー)
出演:和田明(vo)・杉山慧(g)


第6回ちぐさ賞に宮脇惇(cl)

  第6回ちぐさ賞の最終選考が108日(祝・月)横浜市中区野毛のジャズ・スポット「ドルフィー」で行われ、宮脇惇(横須賀市生まれ・24歳)に決定しました。最終選考は昨年次点で出場権のある菊池冬真を含めて4組が30分ずつ演奏する形式のライブ審査を実施しました。また、来場者に投票してもらって決定したベストパフォーマンス賞は宮脇惇が受賞、今年の次点は小野輪太郎でした。

 

 審査委員長の瀬川昌久氏は「宮脇さんは美しくやさしい音色を表現する、正当なジャズクラリネットの伝統の継承者だと思う。しかし、クラリネットは、いまジャズの世界では斜陽楽器になりつつある。地味で音量も小さな楽器だけに、ファンが増えないのです。ベニー・グッドマンのサウンドならすばらしいベテランの演奏者がすでにいるので、宮脇さんにはそのような壁を越えて、いままでにない楽器とのアンサンブルや共演によって多様な表現を切り開き、クラリネットを発展的楽器にするための先導役になってほしい」と語っています。

 

宮脇 惇(クラリネット/みやわき あつし) 

 19931227日横須賀市生まれ(24歳)。小学3年生の時「Benny Goodman物語」を観てJAZZクラリネットを独学で始める。洗足音楽大学JAZZ科に入学後、JAZZクラリネットを谷口英治、川嶋哲郎に師事。大学在学中、映画「この世界の片隅に」の劇中曲Moonlight Serenadeでクラリネットを担当。卒業後、自らのバンド宮脇惇QuartetApple SeedsKlach、民族音楽ようそろーず、wolly bears big bandなどでクラリネットを担当。Apple seedsでは週間JAZZランキング1位を獲得。最近では民族音楽ようそろーず 初アルバムを発表。横須賀、横浜、都内など、LIVEハウスで活動中。

 

(受賞コメント)
 スイングジャズを好む人たちは少なくなっているからこそ、これから流行らせたい。ビッグバンドの良さも伝えたいが、しばらくはコンボで修行を積むつもりです。横浜を中心に日本での音楽活動を大切にしたいが。ずばり目指すのはカーネギーホールです。

 

■ ちぐさ賞概要

  応募資格

   個人での応募(グループ不可)、ジャズのボーカリスト・楽器奏者、

   年齢満35歳以下、国籍不問(外国籍の方は日本を主体に活動していること)

  審査委員

   瀬川 昌久(ジャズ評論家)

   今田  勝   (ジャズピアノ奏者)

   市原ひかり(ジャズトランペット/フリューゲルホルン奏者)

   柴田 浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)

  決戦出場者 宮脇 惇(クラリネット)、ブライアン・シーモア(サックスほか)

        小野輪太郎(ギター)、菊池冬真(ピアノ)

  アナログレコード制作・発売 2019年春を予定します  

  


第6回ちぐさ賞最終選考者決定

第6回ちぐさ賞には全国から多くの応募をいただき、その中からまず14人の方々にYouTube審査に進み、多くの視聴や「いいね」を頂き、ありがとうございました。それら厳正な集計と審査の上、発表が予定より遅れてしまいましたが、調整した結果下記4名の方に、最終選考ライブを行って頂くことになりました。

 

●ブライアン・シーモア (sax/ob/eh)

●宮脇 惇 (cl)

●小野 輪太郎 (g)

●菊池 冬真 (p)

 

第6回ちぐさ賞最終選考ライブは下記日程で開催します。是非お誘いあわせの上、お越しください。審査員4名が技術力、表現力、オリジナリティ、構成力などの項目を中心に審査をし、総合面で最も優れた方が「ちぐさ賞」を受賞します。

*総合点で次点の方は、次年度ちぐさ賞の一次選考免除で、最終選考の出場権が与えられます。

 

また、会場の一般のお客様が投票をし、最も投票数の多かった方には「ベスト・パフォーマンス賞」が送られます。

 

★第6回ちぐさ賞最終選考ライブ 開催情報

 〇日時:2018.10.8 (月・祝)

    12:30開場、13:00開演、17:00終演予定

 〇会場:ジャズ・スポット「ドルフィー」

    横浜市中区宮川町2-17-4 第一西村ビル2F

 〇入場料:2,000円 (別途ドリンク代700円)

  ※定員60名 (先着順の自由席)

 〇審査委員:

  ・瀬川昌久(ジャズ評論家)

  ・今田勝(ジャズピアニスト)

  ・市原ひかり(ジャズトランぺッター)

  ・柴田浩一(横浜ジャズプロムナード・プロデューサー)

 〇予約/問い合わせ

  chigusasho@gmail.com

 


第6回ちぐさ賞YouTube審査終了

約2週間ほどと短い期間でしたが、多くの皆さんにご覧いただき、コメントや「いいね!」を残していただき、ありがとうございました。

「いいね!」、視聴回数、コメントなども加えた、厳選なる審査によって次の10月8日(月・祝)ライブ審査への通過者を近日中(9/25火曜日予定)にこちらで発表したいと思いますので、しばしお待ちください。

 


第二次YouTube審査進出の14人決定

8/15日に締め切った第6回ちぐさ賞には全国から多くの応募をいただき、ありがとうございました。

その中から14人の方々に第二次YouTube審査に進んでいただくことになりました。演奏のYouTube映像を見て、「カッコイイ!」「スイングしてる!」など、演奏力、独創性、将来性、印象に残った、良いな!と思ったYouTubeの演奏映像に「いいね!」を押したりコメントを残してください。

 

その「いいね!」、視聴回数、コメントなども加えた、厳選なる審査によって次の108(月・祝)ライブ審査への通過者が決定します。

YouTube審査は9/17(月)までですのでお早めに!

 


【募集終了】 第6回ちぐさ賞は募集期間を終了いたしました

現在1次選考の準備に入っております。YouTube上で各応募者の動画をアップいたします。一般視聴者からの得票数と内部審査により1次選考通過者を選出いたします。

今後、1次審査を通過された方のYouTube映像選考に関しては追ってご報告させていただきます。

2次選考のライブ審査は公開ですので、ご都合のつく方はぜひご参加ください。

【決定!ゲスト審査員】

第6回ちぐさ賞のゲスト審査員は市原ひかりさんに決定いたしました!

市原さんは第4回ちぐさ賞のゲスト審査員に続き2回目の審査員をご快諾いただきました。また、昨年のちぐさ賞第5回受賞・千葉岳洋、第4回受賞・和田明のレコーディングにも参加。今年も若手のみなさんに愛のあるエールを送っていただきたいと思います。

 

【ゲスト審査員プロフィール】

市原ひかり(トランペット、フリューゲルホルン)

1982年生まれ。東京都出身。

中学校の吹奏楽部でトランペットとの出会い、その後、洗足学園音楽大学で基礎を学び、ジャズトランペッター原朋直氏に師事。2005年、ポニーキャニオンよりアルバム『一番の幸せ』でメジャーデビュー。2006年、NYレコーディングの2ndアルバムをリリース。スイングジャーナル誌のゴールド・ディスク、第40回ジャズ・ディスク大賞のニュー・スター賞を受賞。以降、『スターダスト』(3作目、2007年)『JOY』(4作目、2008年)をリリース。2010年・11年には、『市原ひかりグループ』名義で、2014年には新グループでアルバムをリリース。第58回、59回のスイングジャーナル誌「日本ジャズメン読者人気投票トランペット部門」で第2位を獲得。

自己のグループの他に、土岐英史asクインテット/セクステット(6/6)、秋山一将バンド、増原巌トリオ他多くのバンドに参加。ポップミュージックにおいては、山下達郎、竹内まりや、土岐麻子等のレコーディングにも参加。

本格的なパフォーマンスと、女性ならではの感性をそなえたジャズ・トランペッター。


第6回ちぐさ賞出場者募集開始

いよいよ第6回ちぐさ賞の出場者募集がスタートしました。

日本のジャズシーンに一石を投じることを願って始まったこの賞もいよいよ6回目!

 

我こそは!と思うジャズアーティストの方々は奮ってご応募ください。

 


第5弾千葉岳洋LP・CDを4/8発売

レイモンド・マクモーリン 市原ひかり 千北祐輔 千葉岳洋 横山和明
レイモンド・マクモーリン 市原ひかり 千北祐輔 千葉岳洋 横山和明

 現存する日本最古のジャズ喫茶ちぐさが運営するジャズ専門レーベルCHIGUSA Recordsでは、優秀な新人を発掘する表彰制度「ちぐさ賞」を毎年実施しており、2017年度・第5回目は男性ピアニストの千葉岳洋(仙台市出身・26歳)が受賞、記念のアナログレコード「ALPHA AND OMEGA」を4月8日から全国発売します。

当サイトでも販売します…こちらへ

 

 レコーディングにはライブ選考の時と同じ千北祐輔(b)、横山和明(ds)が息の合ったトリオでサポートし、ゲストの市原ひかり(tp)、レイモンド・マクモーリン(ts)が刺激的なソロを展開しています。千葉岳洋は知的に鍵盤を操るピアニストであるばかりでなく、コンポーザーとしての才能も感じさせる、そんなデビューアルバムに仕上がりました。オリジナル曲でアルバムタイトルとした「ALPHA AND OMEGA」のαとωはギリシャ語アルファベットの最初と最後の文字で、組み合わせると「永遠」の表現になり、「今後長きにわたって、自身のテーマ曲として演奏し続けられること」をコンセプトとしています。

ALPHA AND OMEGA TAKEHIRO CHIBA

 

千葉岳洋(p) 千北祐輔(b) 横山和明(ds)
市原ひかり(tp) レイモンド・マクモーリン(ts)

アナログレコード  3,300円(税別)

 初回200枚シリアルナンバー入り

コンパクトディスク2,500円(税別)

 

<LP収録曲>
(A面)
Walking Bear(4分43秒)
Stablemates(5分21秒)
Duke Ellington's Sound of Love(6分12秒)
Rhythm-A-Ning(4分06秒)
Minstrel Boy(6分26秒)
(B面)
Alpha and Omega (6分10秒)
One to Zero(6分09秒)
Two Spirits(9分05秒)
A House Is Not A Home(3分44秒)

 

<CD収録曲>

Alpha and Omega(6分10秒)
One to Zero(6分05秒)
Walking Bear(4分41秒)
Londonderry Air(4分55秒)
Minstrel Boy(6分22秒)
Rhythm-A-Ning(4分04秒)
Stablemates(5分22秒)
Duke Ellington's Sound of Love(6分04秒)
Two Spirits(9分02秒)
Poem Without Words(5分00秒)
A House Is Not A Home(3分43秒)

 

<発売記念イベント>
4月8日(日)開演 15:00 ジャズ喫茶ちぐさ
 千葉岳洋(p)ソロライブ

 ゲスト レイモンド・マクモーリン(ts)
 入場料:3,000円 お求めは…こちら

 (前売りはワンドリンクつき・税込) 

 ・4月15日(日昼14:00開演/夜18:00開演 仙台Crosby
 千葉岳洋(p) 名雪祥代(sax) 林宏樹(sax) 三ケ田伸也(b) 今村陽太郎(ds)
 入場料:3,500円(ワンドリンクつき・税込)

 お問い合わせcontact@takehirochiba.com 

4月25日(水)開演 18:00 NHK横浜放送局1Fスタジオ
 千葉岳洋(p) 千北祐輔(b) 横山和明(ds)レイモンド・マクモーリン(ts)
 入場料:無料(開演時刻までに直接会場へ)

 ※満席の際は立見となる場合があります)
 ※NHK-FM「サウンド・クルーズ」(18:00〜19:00)で生放送されます


ジャズ喫茶ちぐさサポートメンバーシップ発足

ジャズ喫茶ちぐさのサポートメンバーになると、下記特典がありますので、ぜひ店頭でお申し込みください。入会金は100円以上いくらでも結構です。ご来店1回のご飲食×5個のスタンプで次回500円引きし、さらに一人500円分無料になるお友だち券を3枚差しあげますので、ダンゼンお得! ぜひお気軽にお申し込みください。


第5回ちぐさ賞千葉岳洋に決定

 第5回ちぐさ賞の最終選考が9月24日(日)横浜市中区野毛のジャズ・スポット「ドルフィー」で行われ、千葉岳洋(ピアノ・26歳)に決定しました。最終選考は4組が30分ずつ演奏する形式のライブ審査を実施。千葉岳洋には副賞として来年春発売のアナログレコード制作の目録が贈られました。また、来場者の投票によるベストパフォーマンス賞は菊地冬真(ピアノ)が受賞し、次点ともなりましたので、来年第6回ちぐさ賞のライブ審査出場権が与えられました。
 
 審査委員長の瀬川昌久氏は「ちぐさ賞4度目の挑戦で、見事に栄冠を勝ち取られました。その粘りと向上心に敬意を表します。迫力ある力強いピアノタッチからスローなソロまで変化に富んだ演奏で、ベース、ドラムスのすばらしいリズムセクションともども、高い実力を示されました。参加プレーヤーのすべてに言えることは、演奏で一番肝心な要素は、お客さまをどうやって感動させるかです。ピアニシモからフォルテシモへ、山を作ること。テクニックが上手なだけでは感動は生まれません。これからもちぐさ賞のファイナリストにふさわしい感動のパーフォーマンスを生み出してほしいです」と語りました。

■ 千葉岳洋(ちばたけひろ)
 1991年仙台市生まれ、26歳。8歳でエレクトーンを習い始め、高校生までは吹奏楽に熱中。東京大学在学中は相撲部主将として稽古に打ち込むかたわら、東大や慶應の学生ビッグバンドを中心に演奏活動を行う。卒業後プロとして活動を開始し、2014年ニコニコ動画発の若手ビッグバンドLowland Jazzに参加、15年同バンドのアルバムでメジャーデビュー。第6回神戸ネクストジャズコンペティション、第35回浅草ジャズコンテストバンド部門でグランプリを受賞、第5回新潟ジャズコンテスト作曲部門金賞を受賞。昨年の第4回ちぐさ賞次点で今年の出場権を有していた。


第5回ちぐさ賞ライブ審査進出4人決定

 

9/1(金)にYouTube審査を終え、ライブ審査に進む3人を決定しましたのでお知らせします。昨年次点の千葉さんと合わせて4人が24日(日)のライブ審査に進出します。

中山晶皓(ピアノ)東京都八王子市
菊池冬真(ピアノ岩手県盛岡市
熊倉未佐子(クラリネット)東京都足立区
・千葉岳洋(ピアノ)埼玉県和光市<昨年次点>

 

<ライブ審査>
9月24日(日)ジャズスポット・ドルフィー

 横浜市中区宮川町2-17-4 第一西村ビル2F

 11:30開場 12:00開演 16:00終演
 入場料 1,000円(税込・ワンドリンクつき)
 ※チケットはジャズ喫茶ちぐさ店頭で発売。
  ないしはちぐさで電話予約を承ります。045-315-2006

審査委員
・瀬川昌久(ジャズ評論家)

・今田 勝(ジャズピアニスト)

・纐纈雅代(ジャズサクソフォニスト)

・柴田浩一(横浜ジャズプロムナード・プロデューサー)

 各グループ30 分程度のライブを審査します
 演奏する楽曲・セットリストは応募者が決めるものとします


第二次YouTube審査進出の7人決定

8/15日に締め切った第5回ちぐさ賞には全国から75人の応募があり、その中から下記の7人の方々に第二次YouTube審査に進んでいただくことになりました。一般の方の投票制ではありませんが、演奏のYouTube視聴回数は参考にさせていただき、9/1にライブ審査に進む3人を選考いたします。

ブライアン・シーモア(オーボエ/イングリッシュホルン)千葉県八千代市
佐々木諒太(クラリネット/テナーサックス)横浜市
中山晶皓(ピアノ)東京都八王子市
フリック玲緒那(ボーカル)東京都世田谷区
金親清香(ピアノ)静岡県御殿場市
菊池冬真(ピアノ岩手県盛岡市
熊倉未佐子(クラリネット)東京都足立区
7人の方の演奏とプロフィールはこちら

ライブ審査は9/24(日)12:00〜16:00に横浜市野毛のドルフィーで開催して第5回ちぐさ賞を決定いたします。昨年次点で出場権のある千葉岳洋ピアノと合わせた4人のライブ審査となります。

審査委員
・瀬川昌久(ジャズ評論家)

・今田 勝(ジャズピアニスト)

・纐纈雅代(ジャズサクソフォニスト)

・柴田浩一(横浜ジャズプロムナード・プロデューサー)


第5回ちぐさ賞応募要領

 現存する日本最古のジャズ喫茶「ちぐさ」(横浜市中区野毛町)は、店主・故吉田衛の生誕100年を記念し、2013年10月、ジャズ専門レーベルのCHIGUSA Recordsを設立、同時に優秀な新人を発掘、表彰する「ちぐさ賞」を制定しました。本賞は「日本に若いジャズミュージシャンを育てたい」という吉田衛の思いを継承し、日本のジャズシーンに一石を投じることを願って制定したものです。

ちぐさ賞受賞者には、アナログレコード(LP)とCDを制作し、CHIGUSA Recordsより全国発売する機会を提供するほか、ちぐさ主催のレコード発売記念ライブの実施、各種イベントへの出場機会を与えるものとします。

 

 過去のちぐさ賞受賞者は、第1回(2013年度)は金本麻里(ボーカリスト・岩手県)、第2回(2014年度)は遠藤定(ベーシスト・東京都)、第3回(2015年度)は小川恵理紗(フルーティスト・横浜市)、第4回(2016年度)は和田明(ボーカリスト・川崎市)でした。

 

「第5回ちぐさ賞」では例年の通り、1次審査としてYouTubeで動画審査を、2次審査では横浜市においてライブ審査を行い、受賞者を決定するものとします。

 

 

[募集要項]
一、応募資格
  ・個人での応募(グループ不可)
   ・ジャズのボーカリスト・楽器奏者
   ・年齢満35歳以下
   ・国籍不問(外国籍の方は日本を主体に

    活動していること)

一、選考方法
 <一次審査 - WEB選考>
  ・下記2曲の本人演奏動画をYouTubeにアップし、

   投稿フォームにURLを明記して応募してください。

   一般からの得票数と審査員による審査により、

   一次選考通過者を数名(5名以内)選出します。
  ① ジャズスタンダードの中から1曲選んで演奏(もしくは歌唱)する。

   楽器の場合は必ずアドリブを挿入すること
  ② オリジナル曲、または自由選曲(ボーカルの場合、作詞は第三者によるもの

   でも可)


 <二次審査 - LIVE選考>
  ・2017年9月24日(日)開催(予定)
  ・会場:ジャズ・スポット「ドルフィー」

   (横浜市中区宮川町2-17-4 第一西村ビル2F)
  ・各グループ30分程度のライブを審査します
  ・演奏する楽曲・セットリストは応募者が決めるものとします
  ・入場料1,000円(ワンドリンクつき・税込み) 


一、応募期間
  ・2017年6月1日(木)~2017年8月15日(火)の期間
  ・下記応募サイトよりご応募ください
   http://chigusa-records.jimdo.com/第5回ちぐさ賞応募


一、受賞者発表
  ・ライブ審査当日に来場者が決める「ベストパフォーマンス賞」とともに
   「ちぐさ賞」を決定し発表します。後日、横浜にて受賞記念ライブなども

   予定します
  ・「ちぐさ賞」該当者なしの場合、ライブや下記レコード発売はありません


一、アナログレコ(LP)およびCD 制作・発売予定
  ・2018年春を予定します

一、審査委員 <纐纈雅代(sax)が決定!>
  ・瀬川昌久(ジャズ評論家)

  ・今田 勝(ジャズピアニスト)

  纐纈雅代(ジャズサクソフォニスト)
  ・柴田浩一(横浜ジャズプロムナード・プロデューサー

一、「ちぐさ賞」の詳細
  ・CHIGUSA RecordsのホームページでQ&Aをご覧ください
    http://chigusa-records.jimdo.com/ちぐさ賞よくある質問

一、    お問い合わせ先
  ・第一次審査のWEB選考などの説明が電話ではわかりにくくなるため、
   大変申し訳ありませんが、メールのみの対応とさせていただきます
   Mail:chigusasho@gmail.com 

応募フォームはこちら

よくある質問はこちら

 

 

ダウンロード
第5回ちぐさ賞チラシomote.pdf
PDFファイル 5.8 MB
ダウンロード
第5回ちぐさ賞チラシura.pdf
PDFファイル 7.7 MB

あの伝説のセッションが、今よみがえる!「横浜モカンボ・セッション2017」開催!

 横浜の誇るジャズ遺産である「モカンボ・セッション」を再現し、後世に伝えていくため、昨年に引き続き、今年も第2回目となる「横浜モカンボ・セッション2017」を開催します。
 日本のジャズの草創期、1953年から54年にかけて、横浜・伊勢佐木町2丁目にあったナイト・クラブ「モカンボ」に多くのジャズ・プレーヤーが集まり、ジャム・セッションが行われました。

(写真左手・平山ビルの地下にありました)

 なかでも、1954年7月27日深夜から翌朝にかけて、夜を徹して続けられたセッションは20年以上経ってレコード化され、伝説的な「横浜モカンボ・セッション」として、その白熱する演奏を今に伝えることになったのです。参加したミュージシャンは、若き日の穐吉(あきよし)敏子(ピアノ)、渡辺貞夫(アルト・サックス)をはじめ、天才と言われながらも翌年夭逝した守安祥太郎(ピアノ)、宮沢昭(テナー・サックス)、五十嵐明要、海老原啓一郎(アルト・サックス)、上田剛(ベース)、清水閏(ドラムス)などの他に、クレージー・キャッツからハナ肇(ドラムス)、石橋エータロー(ピアノ)、植木等(お酒が飲めないので会計係を任せられた)などです。後の日本のジャズ界を牽引することになった新進気鋭のミュージシャンが一堂に会し、お互いに刺激し合いながら腕を磨いたのです。
 この故事に倣った「横浜モカンボ・セッション2017」には、今年も20人を超えるベテランや若手のジャズメンが集結し、セッションを繰り広げます。ジャズの本質である即興演奏を観客とともに楽しみ、そしていずれ、穐吉敏子や渡辺貞夫のように、ここから世界に羽ばたくミュージシャンが出現することを期待しています。

 

 

                 [開催要項]

開催名称 中区制90周年
     「あの伝説のセッションが、今よみがえる!

      横浜モカンボ・セッション2017」
開  催  日  2016年7月22日(土)14時30分開場 15時00分開演 18時30分終演
     15時00分〜16時00分 第一部
     16時00分〜16時15分 トーク
     16時30分〜18時30分 第二部 ジャム・セッション
会     場  横浜にぎわい座大ホール
出  演 (第一部)和田明(vo) 堀秀彰(p) 小牧良平(b) 木村紘(ds) 小西遼(as)
     (トーク)柴田浩一・上田剛(予定)
     (第二部)(順不同)中村誠一(ts)  向井滋春(tb) 板橋文夫(p)

     高瀬龍一(tp) 近藤和彦(as) 守新治(ds) 中村新太郎(b) 外山明(ds)

     ハクエイ・キム(p)  西村健司(tb) 小川恵理紗(fl) 佐々木諒太(cl/as)
     和田明グループメンバー
入 場 料 前売券3,000円(税込・ワンドリンクとつまみ付)
      当日券3,000円(税込・ワンドリンクとつまみなし)
      ジャズ喫茶ちぐさ、横浜にぎわい座で6/1(木)で発売開始
      ちぐさのサイトでも通信販売いたします

    (http://chigusa-records.jimdo.com/)
主  催 イセザキ・モール1・2St. 野毛地区振興事業協同組合 

     野毛地区街づくり会 一般社団法人ジャズ喫茶ちぐさ・吉田衛記念館

     モカンボ・セッション再現委員会


チケット ジャズ喫茶ちぐさ、野毛にぎわい座で発売中。
     当サイト「通信販売」ページでも販売しています。

 


和田明「ESSENCE」先行予約販売開始!

CHIGUSA Records第4弾、期待のボーカリスト和田明の「ESSENCE」を4/8に発売します。これに先立ち、下記のサイトで先行予約販売を開始しました。商品のお届けは4/8前後になりますが、アナログLPにだけに限定600番まで入るシリアルナンバーはできるだけ若い番号を確保いたします。もちろんシリアルナンバーは入りませんがCDだけでも受けつけます。

ご購入は「通信販売」からどうぞ

■LP収録曲

  Side A21:02

  ❶ Come Fly With Me3:59

    Sammy Cahn / Jimmy Van Heusen

  ❷ Do You Know What It Means

    To Miss New Orleans3:14

    Eddie De Lange / Louis Alter

  ❸ Just The Way You Are5:29

    Billy Joel / Billy Joel

  ❹ But Not For Me3:26

    Ira Gershwin / George Gershwin

  ❺ Skylark4:54

    Johnny Mercer / Hoagy Carmichael

 

  Side B19:55

  ❶ Shiny Stockings4:30

    Jon Hendricks / Frank Foster

  ❷ Day By Day3:50

    Sammy Cahn / Axel StordahlPaul Weston

  ❸ The Shadow Of Your Smile(4:29)

    Paul Francis Webster / Johnny Mandel

  ❹ My Ever Changing Moods3:12

    Paul Weller / Paul Weller

  ❺ All The Way3:54

    Sammy Cahn / Jimmy Van Heusen

 

■CD収録曲

Skylark4:54

  Johnny Mercer / Hoagy Carmichael

Come Fly With Me3:59

  Sammy Cahn / Jimmy Van Heuse

Do You Know What It Mean

  To Miss New Orleans3:14)

  Eddie De Lange / Louis Alter

 The Shadow Of Your Smile(4:29)

  Paul Francis Webster / Johnny Mandel

Close To You5:01

  Hal David / Burt Bacharach

But Not For Me3:26

  Ira Gershwin / George Gershwin

Day By Day3:50

  Sammy Cahn / Axel StordahlPaul Weston

Shiny Stockings4:30

  Jon Hendricks / Frank Foster

Just The Way You Are5:29

  Billy Joel / Billy Joel

My Ever Changing Moods3:12

  Paul Weller / Paul Weller

All The Way3:54

  Sammy Cahn / Jimmy Van Heusen

 

 

★さらに4/9レコ発ライブも決定!

4/9 (日)13:30開演 Jazz Spot Dolphy

出演:和田明(vo)、堀秀彰(p)、小牧良平(b)、山田玲(ds)、小西遼(as)

 昨年ちぐさ賞のライブ審査が行われた思い出のJazz Spot Dolphyで発売記念ライブを開催します。前売り券1,000円。

 

当日券は1,300円で、どちらも別に1ドリンクオーダーをお願いします。
ご購入は「通信販売」からどうぞ


第4回ちぐさ賞受賞者決定!

  第4回ちぐさ賞の最終選考が9月18日(日)横浜市中区野毛のジャズ・スポット「ドルフィー」で行われ、和田 明(ボーカル・28歳)に決定しました。最終選考は4組が30分ずつ演奏する形式のライブ審査を実施。また、来場者の投票によるベストパフォーマンス賞も和田明が受賞しました。さらに、副賞として来年春発売のアナログレコード制作の目録も贈られました。なお次点は、千葉岳洋(ピアノ)で、来年第5回ちぐさ賞のライブ審査出場権が与えられました。
 
 審査委員長瀬川昌久氏は「男性ジャズボーカル独特のジャズ的唱法を生かしている。安定した高音のロングトーンがすばらしい。ジャズの新人賞で男性ボーカリストが受賞したことは画期的である。いまライブで一番客が集まらないのが男性ボーカルで、不振なジャズボーカルの世界に一石を投じてほしい」と語っています。

■和田 明
1988年生まれ。28歳。NYへ短期渡米してBarry Harris、Marion Cowingsのレッスンを受講、帰国後は拠点を都内に移す。自身の楽曲「おかえり」が現在まで2年間TVCMに起用されるなどTVやラジオのCM制作にも携わっている。2016年、一曲を一枚の絵と捉え、情景が浮かぶ説得力のある表現がしたいとの思いから松本圭司、荻原亮、ハクエイ・キムなどを迎えてライブを開催。甘く繊細ながら迫力もある独特な声で注目されているSingerである。

 

YouTubeの応募2曲はこちらから…http://chigusasho.jimdo.com/

 


第4回ちぐさ賞ライブ審査出場者4名決定

 今年も9月18日(日)に横浜市中区野毛町一帯が「ジャズde盆踊り」で盛り上がる中、第4回ちぐさ賞を決定するライブ審査が開催されます。今年は76人のジャズ・プレーヤーの応募があり、ちぐさ賞事務局ではYouTube審査に進んだ15人の中から、ライブ審査に出場する下記の4アーティストを決定しました。

 Entry No. 4  千葉岳洋 (p)
 Entry No. 9  KOTETSU (vo/tb) 
 Entry No.10 和田 明 (vo) 
 Entry No.11 浅岡 悠 (sax) 

 

       [ちぐさ賞概要]

応募資格  個人での応募(グループ不可)、ジャズのボーカリスト・楽器奏者、

      年齢満35歳以下、国籍不問(外国籍の方は日本を主体に活動していること)
ライブ審査 2016年9月18日(日)12:00〜16:00

      ジャズ・スポット「ドルフィー」各グループ30分程度のライブを審査
審査委員  瀬川昌久(ジャズ評論家)
      今田 勝(ジャズピアニスト)
      堀 秀彰(ジャズピアニスト)
      柴田浩一(横濱ジャズプロムナード・プロデューサー)
受賞者発表 ライブ審査当日に来場者が決める「ベストパフォーマンス賞」と

      ともに「ちぐさ賞」を決定し発表します
アナログレコード制作・発売 2017年春を予定します

 

ライブ審査出場者のプロフィールと曲は… http://chigusasho.jimdo.com/


第4回ちぐさ賞YouTube選考対象者15名決定

今年も応募多数のため、審査の都合上YouTube選考対象者を15人に絞らせていただくことになりました。審査委員会ではこの方々の第一次選考会を開催し、9月18日に行う最終ライブ審査出場者(5名以内)を決定します。


下記サイトの各ページ左側にある通り、改めてリセットした再生回数と高評価数を参考にします。8月24日24:00(25日午前0:00)までという、極めて短時間ではありますが、YouTubeユーザーであれば高評価ボタンを押して応援できます(1ユーザー1回に限られます)。再生回数の制限はありません。どうぞ気に入った方がいたら、応援してください。一次選考対象15人の方々のプロフィールと曲は… http://chigusasho.jimdo.com/